アサイー効果.com » 鍼灸治療で治す

すべり症・分離症

鍼灸治療で治す

腰椎分離症の保存治療方法には色々なものがあります、また、その多くは整形外科などで受ける、コルセットや鎮痛剤、ブロック注射などです。そしてその他にも、カイロプラクテイックや無痛整体などの整体もあります。

鍼灸での腰椎分離症の治療法については特に若い世代でかかってしまった、等の発見が早かったケースなどでは癒合を助ける効果はありますが、骨を元に戻すというようなきわめて素晴らしいと思われる効果は期待できないでしょう。

また鍼灸治療においてはまず整形外科などでレントゲンを受けるなど、腰椎分離症の症状を確定することも必要でしょう。その上で鍼灸に何らかの期待ができる、という方であれば、診てもらう価値があるでしょう。

腰椎分離症では特に腰に対して大きく負荷をかけるような無理な運動を避け、労働についても腰への負担をできるだけ軽くするように心がけることが必要です。

肥満も大敵です、肥満の方がかかる確率も高いため、体重を減らさなければ腰椎分離症が悪化する恐れは高くなる、という判断を医師から下される方は多いようです。そして腹筋などを効果的に鍛えるようにすることも必要です。

腹筋は鍛えることによって治癒力をアップさせます、また腹筋や腰筋、その他患部の周りの筋肉は特に衰えることが多い部位です。

鍼灸の他にもカイロプラクテイックでは腰椎分離症のような分離のある状態を改善したり、元に戻すようなことは不可能です。ただし、カイロプラクテイックでは痛みのある部位にかかっている重力を取り除きます。

そして腰椎分離症の痛みの原因となっている疲労骨折以外の矯正をします。このように周囲の筋肉などへの負荷を軽減していくことでもかなりの効果は期待できます。

痛みも軽減されますので、慢性の腰椎分離症で悩んでいる方などにはお勧めできる方法でしょう。また整体にも様々なものがあり、無痛整体などは痛みがない割りに効果がかなりある、痛みが引いてしまった、という方も多いようです。まず病態を見極め、医師にもよく相談して選択することがいいでしょう。