アサイー効果.com » 原因について

原因について

脊柱管狭窄症の原因は、まずごく普通の日常生活の中で、とても小さな身体への負担が継続すると、徐々に症状を発症する可能性を高めてくると言われています。

例えば学校での座った姿勢もそうですし、会社でのデスクワーク、パソコンワークや、レジなどの立ち仕事、タクシーなどの長時間の運転なども響きます。またこれらはほんの1にぎりの原因でしかなく、姿勢の悪さはあらゆるケースに現れやすいのが、現代社会と言えます。

またもう1つ脊柱管狭窄症になる大きな要因として、腰椎すべり症からの発症例が多くあります。つまりは、中高年に多い腰椎のすべりが進行し、狭窄を起こしたものである、ということも言えます。

この2つの病気の境界線はとてもあいまいです。腰椎のすべりがそのまま定着してしまうと、坐骨神経痛が起こることも多くあります。

これらのことから、脊柱管狭窄症の原因となるものを避けるためには、生活スタイルを改善することが必要だと言えます。仕事でそのようなことは避けられない、というのであれば仕方ありませんが、少なくともちょっとした合間を見つけて腰を気遣うことは可能です。

例えば学校でもあまり指導しないのが現実ですが、1時間に1回はストレッチができます。また生活スタイルが原因となってしまっていますので、できるだけ継続的なリハビリが大切ですが、これを実践していくことは簡単ではありません。

やはり、周りの人が集中し続けているのに、自分だけが脊柱管狭窄症のリハビリをしている、というような状況を改善することも大切なことです。

自分一人だけがそのような努力を継続させるのは、普通に考えても無理がある、ともいえます。主なケア法としては、まずストレッチが考えられます。

身体に負担がかからず、またデスクに座ったままでも実行できますので、どのような方でもメリットがあります。

脊柱管に影響するのは全身の姿勢の悪さです。まずは普段の姿勢によって直接の影響がある部位を集中してストレッチしていくのが脊柱管狭窄症の予防に大切です。