アサイー効果.com » 五十肩の不思議

五十肩の不思議

五十肩に悩んでいる方の中には、五十肩って不思議な病気である、と言われる方がかなりいらっしゃるようです。確かに五十肩は不思議な病気です。

まず炎症が招く痛みが症状ですが、炎症がなくなっても痛みは持続します。つまり、肩関節周囲炎という名前の病気なのに、炎症が無くなっても症状は残ったままという不思議なことになっています。

また、肩関節の可動域が制限されますが、この制限についても突然起こることの理由が分かっていません。このように、五十肩の原因はまだはっきりと解明されていません。現状は老化による現象であるとか、疲労がもたらす肩の異常であるとか、その程度の理由しか説明できない不思議な状態です。

肩まわりは、人間の体の中でも最も可動域が大きい部位で、始終動かしていることが多いところですので、老化によって筋肉が衰え、炎症も起こりやすくなりがちです。肩には、骨と連結している腱板と呼ばれるところがあります。

また、この腱板が加齢によって老化すると、五十肩になりやすいといわれています。またこの腱板の老化も、五十肩の最も多い年代、つまり五十代がピークと言われていて、老化が進んできて五十代になると、腕や肩にかけてきた負荷が耐え切れなくなり、炎症が起こるといわれる場合は多くあります。

五十肩にかかりやすいのは、植木の手入れをされる職業の方、ゴルフやテニスをよくされる方と言われています。

その他には、腕を上に上げたまま長い作業される方、運動不足が進んでいる方、寝る姿勢の悪い方などもあてはまるようです。また最近では寝る姿勢の悪い方が増えているようですが、特に横になって寝る癖があって、寝返りを打つことも少ないケースは五十肩と関連が深いとのことです。

このように五十肩の原因は特定されていませんし、早期発見もなかなか困難と云えます。やはり日頃からの肩のケア、つまり適度な運動やストレッチ、そして食生活の見直しや姿勢の矯正など、普段していないけれども実行して当たり前と思われるようなことが大切です。

五十肩の原因についてはこちらから。