アサイー効果.com » 外反母趾について

外反母趾について

外反母趾とは、足の親指が異常に折れ曲がってしまい、中のほう、つまり人差し指の上に乗ったような状態になってしまう症状です。しかしこの外反母趾は場合によっては体全体の健康にも害を及ぼすことがあります。

ですから、体全体の健康を崩す前に、足を健康な状態に戻すことが大切です。外反母趾の痛みについては、曲がっている親指を押したりしても痛み、また歩き方にも気をつけないと痛みで歩けないという場合も多いようです。

この外反母趾は男性よりも女性のほうがかなり多い症状です。よくハイヒールを履いている方がこの外反母趾にかかると言われていましたが、実際に履いたことがないという女性も罹る方は多いようです。

原因としては大きく2つの説があります。まず1つ目は、偏平足です。つま先が狭い靴を履くことで、足裏の健康的ななアーチ形状が失われ、親指の関節自体が変形してしまいます。

また2つ目もつま先が狭いことが原因で、横からの圧力が大きくなり、かかとからの力によって親指の付け根に対する圧力が強まってきます。

これらの説のどちらかが絶対に正しいということではなく、今のところ正しい原因は掴めていませんが、ハイヒールのような靴をはくことが原因ではなく、全体の構造、筋肉や骨などが変形してしまうような生活をすることで健康な状態が損なわれる、という大まかな考え方が基本になるようです。

外反母趾になったら、まず靴を変えてみることが大切です。できるだけ余裕があるような靴、そして地面にしっかり着地していることが実感できるものが健康に有効です。

靴の中で足、そして特に指を遊ばせることができ、かつ、自然に歩くことができる、この2つが足の健康を保つための大切な条件になります。

外反母趾を自分で治療できるようなテープが薬局などで販売されています。誰かに手伝ってもらわないとならないということはないですが、健康のためにはテープを選ぶ際は症状にできるだけあったものを選ぶことが大切です。

もしテープをしても変形が健康な状態に戻らないまま長く続くと、骨に異常をきたしてしまい、手術をうけなければならないこともあります。リハビリを含め多大な時間を費やさなければなりません。