アサイー効果.com » マンションと管理規約

マンションと管理規約

マンション リノベーションにとって、切っても切り話せないものが、管理規約です。
この管理規約を守らなければ、マンション リノベーションはできません。
ですからこの管理規約はマンションリノベーションにとっては制約ということも言えるでしょう。
自由にリノベーションをしたいと入っても、マンションですから、この管理規約を破ってまでリノベーションすることは許されていませんので、リノベーションで思い描いた部屋を作るということは、マンションでは多少の制限を受けるということを覚えておいてください。

また、そういった管理規約があるというだけではなく、マンションによっては管理組合の理事会の承認を得なければリノベーションができないということもありますので、それぞれで確認をとるようにしてください。
そして具体的なリノベーションに関する管理規約というものがどういうものがあるのか、実例を挙げておきます。

まずは使用できる床材を規定しているということ。
これはないところもありますが、異本的には床下への騒音の配慮ということです。
音がもれないように床材が規定されているときはそれに従いましょう。
また、電気・ガスの容量にも規定があることがあります。
もしも家の電気容量を増やしたいのならば事前に確認をしなければなりません。
照明器具設置などは気をつけておきたいですね。
また、工事基材というのは大型になりますから、それをハン有するためのルートが決められていることがあります。
もしもそのルートで入らないようならば使うことはできなくなってしまいます。
また、工事の時間も決められていることがあります。
工事が発生して近隣の住民の迷惑になるようなことがあったら、それはやってはならないことでしょう。
常識的な範囲のなかでのみ、工事を行うことができます。
この油おーなー管理規約はマンションごとにありますから、リノベーションをするのならば、ご自分のマンションの規約を確認しましょう。