アサイー効果.com » 運転について

運転について

腰痛には立つ姿勢よりも座った姿勢のほうが影響しやすい、とよく言われます。例えば立ち仕事、販売業の方とパソコンのエンジニアを比べた場合、立ち仕事の方は膝や足裏にダメージが大きいですが、エンジニアの場合は腰のほうがダメージが起こりやすいという方がほとんどです。

では運転はどうでしょう? 運転手といえばタクシー、運送業などの仕事の方のことですが、車の場合は、実際にエンジニアよりも腰には来ます。

腰にかなりの負担ですよ、という方も多く、まず座った姿勢を常に維持していること、そして始終揺れていることでバランスが悪いこと、ハンドルやアクセルなど、手足を几帳面に動かさなければならないこと、おまけに運送業の方にとっては、荷降ろしの作業が入ってくることで肉体疲労の面でも負担が多いこと。

これら全てが腰にかかってきたらどうでしょう? 普段運動不足の若い方のほとんどは寝込んでしまうかもしれません

では腰痛に対してどのような対策があるのか、まずシート、座席に注目するべきです。シートの高さや背もたれの角度はまず基本ですし、座面の形状にも色々なものがあり、カスタムシートも多く販売されています。

ドライバーの背丈や肉付きに合わせてカスタマイズするといえば自家用タクシーの運転手さんにとって取り入れやすいケア法です。

腰痛になってしまったら常に気をつけなければなりませんし、 車を降りる際にも腰を捻らないようにすべきです。

社内が適温であればいいのですが、寒い季節にまだ暖かくない状態でエンジンだけ調子がいいからスタート、という場合に躓きやすい部分です。

一般の方、つまり仕事で車を使うわけではない無い方の場合は、年末年始の高速道路の渋滞、これがまず思い出されます。

家族を連れての帰省旅行ですが、長い渋滞でエンジンはかけっぱなし、よくあれだけ乗っていられるな、と感心してしまいます。特に普段から慣れていない場合は要注意です。渋滞ではかなりの大迷惑になります。