アサイー効果.com » お薦め情報

お薦め情報

その他・お薦め情報


歴史について

疲労回復、貧血、便秘、眼精疲労など様々な効果のあるアサイーですが私達がこのフルーツを知ったのは最近の事です。ですから近年、発見された果物だと思いがちですがアサイーには古くから歴史があります。原産地はブラジル北部アマゾンの熱帯雨林です。

アマゾンの林や森ではたくさんの木が育っています。その木の中で一番高く25Mほどまで伸びた木の細い枝の先にアサイーは実を付けます。その大きさは小さく1cmから1.4cmしかありません。しかもその実は種が大半をしめていて食べられるの外側の1%ほどです。

実際のアサイーの実は水分が少ないので現地では水を少し混ぜてピューレ状にしてバナナなどと一緒に食べています。アマゾンでは原住民が古くから、食べていましたが他の国に知られるようになったのはつい最近の出来事です。

アサイーは大変酸化しやすいので生のままだと保存が出来ません。豊富な栄養も酸化することで失われてしまいます。その為に栄養成分が豊富でバランスの良いことは知られていましたが国外への輸入などが難しかったのです。西暦2000年を過ぎてアメリカの会社がアサイーの加工工場を現地で設立をしました。

その工場ができたおかげで現地で冷凍フルーツとして販売されたり、飲食店で解凍してジュースやスムージー用に加工を行う事が出来るようになり、現在ではその効果が世界に知られる事となったのです。

今でもブラジルで新鮮なアサイーに水をを加えて潰したものを主食にしてに魚のフライと一緒に食べる事はポピュラーな事の用です。その効果が世界で認められ知れ渡ってきたことで現在ではアマゾンで一番栽培されている植物がアサイーになっています。

抗酸化作用を持っているアサイーは体内で発生して体を錆びさせる活性酸素を制御する働きがあります。活性酸素を抑えることで老化を防止する効果があります。またカルシウムも多く含まれているので成長期の骨の形成や、年齢が上がるほど増えて行く骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

疲労回復、美容に眼精疲労など多くの体に良い働きを持つアサイーがを私達はせっかく知る事が出来たのですからその効果を活用しましょう。